天井OPTをキャンセルしてみました。

おしりペンペンシステム…連打系上乗せの元祖となった画期的なシステムでしたね。大の男が女の子のお尻を必死で叩いている様はなんというか筆舌にし難いものがありますが。
さて、そのおしりペンペンシステム=OPTを搭載した2機種目、スナイパイについて少し語らせていただきたいと思います。初代のシンデレラブレイドと比べても並が荒く、せっかくOPTに突入させても10Gも乗せないで終了するということも珍しくない台でした。一方で純増枚数は大幅に増えており、ツボにハマれば一撃でかなりの枚数を吐き出してくれたものです。
そして本作のキモはなんと言っても天井。OPTゲーム数30回保証及び98%以上の継続が確定するというフリーズと同等の条件で、天井に到達さえすればフリーズが引けるという前代未聞の性能でした。もちろんそれだけに天井ストッパーの実力も並大抵のものではありませんでしたが、それでも天井に二度ほど到達したことがあります。
もちろん大爆発を期待したものですが…一回目はまさかの「+84」。その後自力でそれなりに伸びましたが、性能を考えれば満足いくわけもありません。そこで私は考えました。自力で結果が出せないならば全て台に決めてもらおう、と。
禁じ手のOPTキャンセルです。今までやったことがないわけではありませんでしたが、天井で試してみたことはもちろんありません。しかし、OPTキャンセルの方が安定するというデータをどこかで見たこともあり、天井の性能ならば最低でも+100はもらえるだろう、なんて安易に考えていました。そして、ミウのお尻が表示されたところでえいやっ、とキャンセルすると……「+67」。どんな結果になろうとも、自分で叩いたほうがまだ納得出来たことを痛いほど思い知った瞬間でした。