初代ひぐらしを久しぶりに打ってみて。

この間、久しぶりに初代ひぐらしを打つ機会があったので今更ながら初代ひぐらしの打ち方について述べさせてもらおうかと思います。初代ひぐらしと言えば、やはり中押しが有名で下段及び枠下に白7狙いに関してはもはや説明の必要もないでしょう。しかしこの狙い目の長所にして欠点は「分かりやすすぎる」ことですね。レア小役の後に中押しをして、中リール中段青7、右下ベルの寒さといったらありません。ひぐらしの場合、大抵長めの連続演出に発展するので数ゲームの間消化試合になってしまいます。後継機のうみねこならばこれでもノーチャンスではないのですけれども。
なので私はひぐらしでレア役を引いたら逆押しにチェンジします。まず、右下段に赤7を狙い、そのまま止まればリプ、ベル、そしてお尻が赤7のボーナス、稀に一枚役こぼしもありますね。もし青が上段まで滑ってきてしまったらバケ確定です。これで赤7も青7も枠内に止まらなければ、次ゲームに右枠上に白7を狙います。白7が上段に止まればお尻が白7のボーナス確定ですが、そうでなくともリプやベルなどが揃えばまだ可能性が残ります。ここまでやって全て否定されてしまえば、初めてノーボーナス確定というわけですね。
まだるっこしいかもしれませんが、入ってないときの中押しのあっけなさからすると期待値を後に残せる分私はこちらのほうが好きですね。もしまだ初代ひぐらしを打てる方がいれば一度お試しになることをオススメしたいものです。

最近は子供ができましたのでまったり打つのも悪くないと思っています。

初代ひぐらしを久しぶりに打ってみて。