バジリスクタイム継続率だけで4000枚超え

はじめまして。私は、バジリスク絆を愛してやまない大学生です。
今日はタイトルでも記した「バジリスクタイム継続率だけで4000枚超え」について、私の史上最高のエピソードを語りたいと思います。
朝一からバジリスク絆を実戦していた時に、初BCから残りベル6回で押し順ベルからの告知が入り、開店してから30分も経たずに4、5、6設定が確定してその時の感動と嬉しさのあまりに恥ずかしながらすぐに写真をとりました。バジリスク絆の設定確定演出示唆はこの機種の大きな楽しみの一つであり、言葉が出なくなるほどの感動でした。それに加え突入時では朧背景からのバジリスクタイムスタートでさらに私のテンションが上がりました。しかし、私の今までの実戦では朧背景からのスタートはいい思い出が無く、その理由としては朧背景時の私の実戦では単発しか経験をした事が無かったからです。私はこれを勝手に「単発のオボリスクタイム」と呼んでいます。(朧背景スタートは継続率50%以上確定であり、あくまで私の実戦上の話です。)しかし、それでも確定演出が出ていることから高設定であることは間違いないので、私は自分の引きに託しました。その結果人生初の単発が回避でき、しばらく継続率に助けられ何セットか継続してさらに、夢幻泡影の演出が出て私は継続率が80%以上確定したことでスロット史上最高の気分になりました。結果私は、上乗せ特化ゾーンである「真瞳術チャンス」や、「ロングフリーズ」の恩恵を受ける事無く継続率だけで4000枚以上の差枚を獲得をしました。

これが、私のバジリスク絆においての史上最高のエピソードです。

 

さて、ここまでバジリスク絆について書いてきましたが、バジリスク3も最近リリースされています。

マイルド仕様ですが、こっちはこっちでおもしろいですよ。

バジリスク3のチャンスゾーンとかについてはここが無料で詳しいです。

バジリスクタイム継続率だけで4000枚超え

テラフォーマーズ初打ち

もう新台でもないですが、テラフォーマーズを初打ちしてきました。
まずはゲームを始める前に、とりあえず筐体のゴキブリの顔は2、3回叩いておきました。
肝心のゲーム性はというと、投資1000円でチェリーからボーナスに入ったものの、ARTには入らず。しかもボーナスといっても50枚くらいしか取れないので、ARTに入らなければ、まず勝つことはできません。
その後、3回目のボーナスで初のARTに入ったのですが、特に何も起こることなく、40ゲーム完走。その後ボーナスをもう一回引いて、終了。
正直、勝ち方がわかりません。
最初の40ゲームのARTが全てを握っていると言っても過言ではないゲーム性です。ここで何かしら小役引いて上乗せさせたり、ボーナス引いたりしないと、まず間違いなく勝てません。
個人的な感想としては、初代バジリスクをかなりショボくした感じだと思います。
これから新基準機ばかりになってくると思いますが、今後のパチンコ、パチスロ業界を象徴する台と言っても良いかもしれません。

テラフォーマーズ初打ち

演出は派手なんだけどあんまり増えない(泣

最近のスロット台はどこのメーカーも演出過多なんで、この台が特別って訳でもないですけど、本当に、プレミア引いた時は何万枚出るのかと思いましたよ(笑)。
その台の名前は「ぱちすろAKBバラの儀式」。初代のスロAKBもちょっと打った時期もあったんで、大体の感じは掴めてると思ったんですけど、実際打ってみると、
様子が違いましたね。取り敢えずBIGボーナスが当たったんで、飲まれたら止めるつもりでした。途中からなんか演出が騒がしくなって、追い金したところ、ボーナス
が確定しました。で、確定画面見たら、なんか見慣れない絵柄が出てる!。そうです「バラの儀式図柄」を揃えろと。結果からいうと、プレミアムセンターボーナスだった
んですけど、後で調べたら出現確率は34000分の1。まあ、そう聞けば引けない確率でもありませんが、その後の、目がチカチカしておかしくなる程のど派手な演出の数々、
レバーを引けと言われて、引くたびに、音と画面で熱狂を演出します。上乗せゾーンのストックもかなり貯めたんで、とても期待したんですけど、AKBはART中に入っても
ボーナスを引かないと増えないんですよね。結局純増2800枚で終了。解析見たら期待枚数は2500枚とか(笑)。色々規制が入ってメーカーも苦心されてると思いますが、
あまり過剰な演出は、消化した後のガッカリ感も凄いので、程々にした方が良いと思いますね。

演出は派手なんだけどあんまり増えない(泣

ついに復活、北斗の拳将!

以前北斗の拳2ネクストゾーン将には大変お世話になりました。パチスロに詳しくなく、目押しも殆ど出来なかった当時唯一目押しが八割成功する台であり、相性が非常に良かったのか仕事の昼休憩中、三千円握り締めてビッグ一発即換金で地味にお小遣いを稼いでいたり、仕事終わりになると昼間に増やした分で更に増やしてと美味しい思いをしていました。小役なども良く分からないなりに演出が何となく見分けられるようになったのも思い出の一つです。飛んで来る矢が斧の時は小役を意識して打ち、更に突然ケンシロウが現れて戦う熱い場面など何度やっても飽きませんでした。大好きだった将の新台が出たので早く打ちに行きたいです。調べてみると中段チェリーもそのまま継承されているし演出も新しくなっているのでネクストゾーンを散々打ち込んだ私でもドキドキ出来そうで今から楽しみです。最近はARTとかATとかが多いので普通にちゃんとしたビッグボーナスがあるのは嬉しいです。今回も相性がいいといいな!

ついに復活、北斗の拳将!

ガールズパンツアー大好きです。

私はガールズパンツアーをよく打ちますが、ガルパンチャレンジの時は、だいたい、うさぎチャレンジかアヒルチャレンジを選びます。
以前は、あんこうチャレンジかカバチャレンジばっかりだったんですが、どうしてもレア役ひくチャンスが長いゲームある方がいいかなと思い、そんな感じにシフトしたんですけどね。
まぁカメチャレンジは、どれを選んでも全く入らなかった時なんかに気分転換もかねて最終手段として選びます。
どのチャレンジも逆転とかチャンスアップとかあって本当いい感じ。
教官鬼ごっこはレア役を引かないと、だいたい駄目ですが赤までいえば、だいたい入ってます。
そういえば以前、鬼ごっこで青かレンイボーで勝てば88%とあったんですがレンイボーで勝った時1回戦で負けてしまいました。
本当に88%?とか思ったけど、なかなか難しいもんですね。
私の最高は28連ですが隣のでは57連とか見た事があります。
体感としては、2回以上制覇は88%だけでなくストック複数とか絡めないと難しい感じがします。
まだ最高は約7000枚だけど万枚一度はだしてみたいです。

 

ガールズパンツアー大好きです。

マイジャグラーⅡでした怖い経験について

日曜日にパチスロを打ちにいき、レギュラーが多く引けている合算確率の良いマイジャグラーⅡを見つけて打ち始めました。狙いは成功でビッグに大きく偏ってあっという間に3000枚のメダルを吐き出してくれました。台の履歴を見てみると前日の当たりが非常に軽く設定6を上回る確立でビッグとレギュラーが40回程度ついていました。設定6の据え置きと確信し、そこからはぶん回しです。しかし、ぶん回しを始めてから一向にゴーゴーランプが光りません。500ゲーム、800ゲーム、1000ゲームとオーバーし、結果1470ゲームまではまりました。しかもレギュラーです。200ゲーム手前でビッグを引いてボーナスが何度がつながりましたが、気持ちよく連荘してくれません。最終的にはもう一度900ゲームオーバーのはまりをくらい、全部飲まれたどころか1万円以上の追加投資です。いらいらする気持ちに耐えられなくなってやめることにしました。最終的には合算が170分の1くらいになっていたと思います。本当に同じ確率で抽選してるの?と思った経験でした。

マイジャグラーⅡでした怖い経験について

本場名古屋でハナハナを打つ

スロッターにあるまじきことかもしれませんが、私はジャグラーなどのAタイプがあまり好きではありませんでした。初めて打った台は番長2で、その後もずっとART機やAT機しか打っていなかったせいか、なんの演出もないAタイプは退屈に感じていました。そしてなぜかジャグラーは目押しが苦手でした。自分でも不思議なのですが7がよく見えないのです。そんなこんなで避け続けてきたのですが引っ越しを機に少し変わりました。東京から名古屋に引っ越して驚いたのがハナハナの多さ。どこのホールでも大量にあり、私が通っていた巨大ホールではジャグラー2島に対しハナはその3倍はありました。話には聞いていたもののいざ目にするとなかなか壮観な眺め。これはさすがに無視できないと思いました。そこで夕方からホールに行く日など、ある程度データが揃っている時間帯に打つ時に限り、ハナを狙っていくことにしました。イベントの日は特に設定が入っているのがわかりましたし、慎重に台を選べばそうそう負けることはないだろうとも思いました。いざ腰を据えて打ってみるとなかなか味わい深く、ランプの光り方の違いなどを見るのが楽しかったです。スイカのビタ押しもだんだんできるようになりました。大きく勝つことはできませんでしたが、連れを待つ間なども打てるようになったのが大きかったです。食わず嫌いはよくないなと実感した出来事でした。

本場名古屋でハナハナを打つ

引き弱は「穢れ」に有利なのか?

ある日友人に「お前にぴったりのスロットが出たよ」とオススメされたのが「まどかマギカ」でした。最初はなにを言っているのかわかりませんでしたが、どうやら穢れシステムのことを指してオススメと言ったようです。友人曰く「お前は引きが悪いからぴったりだ」とのこと。でも私は思っていました。「本当に引きが悪い奴は穢れもためられないんじゃないか?」と。案の定私が穢れを発動させられるまでずいぶんかかりました。最初は絵が好きじゃなかったのですが、打っていて気になったのでアニメも全て見ました。まどかの選択に号泣した私はもう穢れはどうでもよくなっていたのですが、それでも毎回、右下のパネルをタッチタッチの日々でした。そしてついに穢れがマックスに達した証である黒セリフを目撃しました。これであとは当てるだけ!しかしそこからが長く、自分の引きの悪さをまたしても実感することになりました。私が穢れ発動に向けて天井まっしぐらだった頃、隣のお兄さんは座って数ゲームでフリーズを引き、アルティメットバトルを嬉々として消化していました。念願の穢れ演出は嬉しかったですが大した枚数は出ず、やはり引き弱はなにをやってもダメだと思い、そっとまどマギから卒業したのでした。

引き弱は「穢れ」に有利なのか?

初代ひぐらしを久しぶりに打ってみて。

この間、久しぶりに初代ひぐらしを打つ機会があったので今更ながら初代ひぐらしの打ち方について述べさせてもらおうかと思います。初代ひぐらしと言えば、やはり中押しが有名で下段及び枠下に白7狙いに関してはもはや説明の必要もないでしょう。しかしこの狙い目の長所にして欠点は「分かりやすすぎる」ことですね。レア小役の後に中押しをして、中リール中段青7、右下ベルの寒さといったらありません。ひぐらしの場合、大抵長めの連続演出に発展するので数ゲームの間消化試合になってしまいます。後継機のうみねこならばこれでもノーチャンスではないのですけれども。
なので私はひぐらしでレア役を引いたら逆押しにチェンジします。まず、右下段に赤7を狙い、そのまま止まればリプ、ベル、そしてお尻が赤7のボーナス、稀に一枚役こぼしもありますね。もし青が上段まで滑ってきてしまったらバケ確定です。これで赤7も青7も枠内に止まらなければ、次ゲームに右枠上に白7を狙います。白7が上段に止まればお尻が白7のボーナス確定ですが、そうでなくともリプやベルなどが揃えばまだ可能性が残ります。ここまでやって全て否定されてしまえば、初めてノーボーナス確定というわけですね。
まだるっこしいかもしれませんが、入ってないときの中押しのあっけなさからすると期待値を後に残せる分私はこちらのほうが好きですね。もしまだ初代ひぐらしを打てる方がいれば一度お試しになることをオススメしたいものです。

最近は子供ができましたのでまったり打つのも悪くないと思っています。

初代ひぐらしを久しぶりに打ってみて。

AT突入率はシェリルよりランカの方が上?

マクロスフロンティア2ではボーナスを揃える際に、左から押すか右から押すか自由に選ぶことが出来ますよね。特にビッグである場合はシェリルボーナスかランカボーナスかのどちらかを選べることになるわけですが、私はシェリル一筋なのでずっとシェリルで揃えていました。しっかし、肝心のシェリルはアルト一筋であるようで全くこちらを振り向いてはくれず、シェリルボーナスではただの一度としてバルキリータイムに突入させることが出来ませんでした。
ある日流石にいい加減当たらないシェリルボーナスに我慢の限界となり、試しにランカボーナスを選んでみることにしました。正直に言ってランカを選んでしまった時点であまりモチベーションが上がらなかったのですが、逆押しの青7狙いを指示されたので試しに狙ってみると今までのシェリルでの苦労が何だったのか、というくらいにあっさりと揃ってしまいバルキリータイムに突入してくれました。
それからというものの今ではすっかりランカ派になった……ということはあり得ないのですが、マクロスフロンティア2でビッグを引いたときだけはランカを選ぶようになりました。やはり何故か、ランカを選ぶとバルキリータイム突入率が高いのですね。

AT突入率はシェリルよりランカの方が上?